お問い合わせ

神栖市の医療

MEDICAL CARE

みんなが創る!みんなで守る!かみすの医療

神栖市の医療の現状や医療政策の取り組み状況、地域医療における市民の皆さんなどの参加と貢献について冊子にまとめたものを作成しました[データ1]
また、本冊子で募集した市民の声から5つのテーマを選び、市民と専門家が率直に意見交換しながら掘り下げる懇談会を2021年7月18日(日)に開催し、概要をまとめた冊子を作成しました[データ2]
懇談会の様子はYouTube神栖市チャンネルで配信しています。

YouTube神栖市チャンネル配信

人口10万人当たりの医療施設従事者医師数(令和2年)

神栖市の10万人当たりの医療施設従事者医師数は全国平均を下回っており、
より多くの医師が求められています。

医師偏在指標(令和2年)

外来医師数偏在指標(令和2年)

市内の医療機関(令和5年4月1日)

神栖市は人口10万人当たりの診療所数が少なく、また土地形状が縦長なこともあり、
周辺市町村と連携しながら医療サービスを提供しています。

病院
4施設(二次救急2施設)
診療所
32施設

人口10万人当たりの診療所数

神栖市 鹿嶋市 茨城県
33.9施設 42.8施設 50.2施設

市民の入院先・救急搬送先動向

入院先(令和2年度 延入院患者数推計)

状況別 市外 市内
高度急性期(入院診療単価5万円以上) 75.5% 24.5%
急性期(入院診療単価2万7千円~5万円未満) 65.5% 34.5%
回復期(入院診療単価2万~2万7千円未満) 41.0% 59.0%
慢性期(入院診療単価2万円未満) 42.4% 57.6%

救急搬送先

神栖市の救急搬送患者は、市内においては神栖済生会病院や白十字総合病院、鹿嶋ハートクリニックなどに搬送され、市外においては小山記念病院(鹿嶋市)や国保旭中央病院(千葉県旭市)、島田総合病院(千葉県銚子市)などの医療機関に搬送されています。重症患者は、鹿行医療圏域外の千葉県所在の医療機関(国保旭中央病院、日本医科大学千葉北総病院、成田赤十字病院)への搬送件数が多く、高度急性期医療機関である国保旭中央病院に多くの軽傷・中等症の救急患者が搬送されています。

第二次体制
白十字総合病院・神栖済生会病院・小山記念病院(鹿嶋市)
第三次体制
土浦協同病院
県外搬送先
国保旭中央病院・成田赤十字病院・千葉北総病院(ドクターヘリ)
国際医療福祉大学成田病院・島田総合病院

神栖市の患者数

現在人口は増加傾向にあり、将来的には減少に転じますが、
入院患者数は増加すると推計されます。

2病院の再編統合の推進

神栖済生会病院と鹿島労災病院は再編統合し、地域の中核医療を担う新拠点病院が誕生します。

ページトップヘ